携帯の買取の方法や手順などを紹介します

携帯電話やスマートフォンは頻繁に新機種が発表され、そのたびに現在使っている機種がどんどん古いモデルになっていってしまいます。新機種は性能が向上しているだけでなく便利な新機能が追加されることも多く、現在使っている機種から乗り換えたくなるはずです。思い切って新機種に乗り換えたとき、処分に悩むことになるのがこれまで使ってきた携帯電話やスマートフォンです。機能的に不満があるとはいえまだ使うことは可能なため、捨てることには躊躇してしまいます。そんなときは、買取に出すことがおすすめです。携帯電話やスマートフォンの買取は手続きが簡単で、古い機種であっても意外な高値が付くことがあるのです。捨てられずに仕舞っておくのであれば、買取に出してみましょう。

ネットの専門ショップで買取を依頼する

最も手軽に買取に出すことができる方法がインターネット上の専門ショップに買取を依頼することです。この方法は全ての手順を自宅に居ながらにして行えるため、時間が無い場合には特におすすめできます。まず、依頼するショップを探します。インターネット上には数多くのショップがありますが、売りたい機種の買取金額が高いショップを選ぶと良いでしょう。ショップを選んだら、申し込みフォームに住所や氏名、機種名などの必要事項を記入します。ショップによってはこの段階で箱の有無や状態などを入力することがありますが、正直に答えることが大切です。続いて、携帯電話を梱包し集荷が訪れるのを待ちます。ショップに到着したら、査定が行われ査定金額がメールで送られてくるので、承認すればその金額が口座に振り込まれて全ての手続きが終了します。

街のリサイクルショップで買取を依頼する

ネットの専門ショップは相手の顔が見えず、査定結果の詳細を聞くことができないことが欠点です。不安があれば、街のリサイクルショップで買取を依頼しましょう。街のリサイクルショップの場合、携帯電話やスマートフォンを店頭に持ち込むことになります。査定では箱や取り扱い説明書、さらには充電ケーブルなど付属品の有無も大事な要素になるため、可能な限り購入時の状態に近づけて持ち込みます。店頭に到着したら、買取カウンターで申し込みを行います。店頭の場合はその日のうちに査定してもらえることがほとんどなので、結果が出るまで店内で待ちます。結果が出たら呼び出されるので、査定額を聞きましょう。もし査定額に納得がいかなければ、その理由を聞いて買取を拒否することも可能です。買い取ってもらう場合は、承諾書にサインすれば完了します。