携帯の買取サービスを利用する際に気をつけたいこと

スマートフォンに買い換えする時や、新しい機種に変更する際には、古い携帯を買取してもらうと意外な値段で、売却できる場合があります。これは、通信料金の節約のために、スマートフォンと2台持ちして、通話専用に携帯電話を買い求める利用者が一定数いるからです。買取された携帯電話を新しい購入者が入手します。その後で、携帯電話を該当するキャリアに持ち込み、通話専用のプランに加入します。同時に格安スマートフォンに加入申し込みをし、データ通信契約をします。通話とインターネットやアプリの利用を別にして、月々の料金を抑えられるのです。キャリア会社では、携帯電話の機種の販売が少なくなっています。そのため、買取された古い機種が人気となっています。従来の機種は通話をしやすいですし、操作性も良いという特徴があります。古い機種だから売れないだろうと考えて処分をすると、非常にもったいないです。

携帯電話の買取手続きをする前の準備

まず、携帯買取手続きをする前に、機種に保存してあるデータを全て消去するようにしましょう。万が一の可能性を考えて、機種に残されたアドレス帳から個人情報が漏れてしまう可能性もありますし、大事にしておいた写真が流出する可能性もあります。これらの情報は、悪意のある人に利用されてしまう恐れもありますので、絶対に機種内にデータを残さないようにしましょう。必要なデータは、SDカード等に移して保存しておきます。パソコンがある場合には、ケーブルと繋いでパソコン側から操作して、デスクトップ等の分かりやすい場所にファイルを置いておくことができます。その後に、機種の初期化をして、暗証番号を初期設定に戻して、出荷前の状態に戻すとほぼ大丈夫でしょう。携帯機種を分割購入した場合には、買取の際に残債がないか確認しておくようにしてください。残債があると、赤ロム携帯となり、購入者の手に渡っても使えなくなることがあります。

良い携帯買取業者の見分け方と注意

携帯電話の機種買取ができる店舗が最寄りにない場合もあり、宅配での買取となることもあります。ネットサイトからでは、良い店の見分け方が分からないですし、実店舗でも難しい場合があります。良い業者は、最初に概算でも見積もりに応じてくれる所です。キャリア名や、メーカー名、機種名を伝えれば、だいたいの価格を見積もってもらえます。そして、業界団体からの認証を取得しているかも、1つの目安となります。携帯買取をする際には、自分で初期設定に戻そうとしても、完全にはデータを消去しきれないことがあります。責任を持って消去できる所は、認定されたソフトを使っていたり、安心して使える機種であると認定マークを提示している所もあります。サイトの説明や、店内のスタッフに確認をするといいでしょう。